Article
0 comment

意外とすごいUE MINI BOOM Portable Bluetooth スピーカー

ちょっとした事情でかったUE MINI BOOM Portable Bluetooth スピーカーが思ったよりすごいよかったです。

image

色はいろいろ。ホワイトもよかった。

良い点をいくつか書きます。

・音がとてもいい。
低音はそこそこですが音の解像度と音量はこのサイズから想像もつかないすばらしさです。

・bluetoothが2台同時に接続できる
これが期待外のすばらしいところ。AndroidタブレットとiPhoneなど同時に接続ができ、再生をあとからしたほうに自動的に切り替わります。複数の端末で接続しなおしの手間がない!これはほんとによい。

・本体音量とiPhone音量が連動
iPhoneだけですがスピーカ本体の音量ボタンを押すとiPhoneの音量も連動します。もとの音量のスピーカの音量という2つの設定がいらない!これは地味に楽です。Androidはむりです。

・電池長持ち
フル充電で10時間もちます。アンドロイドと同じminiUSBで充電できるのもよい。

BOSEのSoundLinkⅡももっていて、低音なんかはやっぱりそっちのほうがいいですが、1万弱という価格帯を考えると他の製品と比べてもすばぬけています。コンパクトさを考えると旅行にもっていくのは今後はこっちになりそうです。

image

こんなサイズ。 タッチだけのNFC接続とかアプリによる2台同時再生機能とかもあり、意外と多機能。

image

こんなおしゃれな箱に入って売られています。あけたらすてます。

Ultimate Earsははじめて聞いたメーカーですがアメリカだとけっこうシェアのある有名なメーカーみたいですね。

Article
0 comment

ワイヤレスネットワーク

2つのパソコンでファイル・プリンタ共有します。
<できること>
・デスクトップPCのフォルダをノートPCから見たりいじったり
・ノートPCに繋がってるプリンタに、デスクトップPCのデータを印刷させる
家庭内無線LANが構築されてるひとはちょっとした設定でできるのでぜひやってみてください。けっこう便利。なかなかわかりやすく書いてあるサイトがなかったのでメモです。OSはXP。
1.コンピュータ名とワークグループ名の設定(両方のPC)
イ)スタート−マイコンピュータを右クリック、プロパティを開く
ロ)システムのプロパティ画面で、コンピュータ名タブをクリック
ハ)変更ボタンをクリックしてフルコンピュータ名とワークグループ名を半角英数字で入力
  ※コンピュータ名は各パソコン違うものに、ワークグループ名は統一します
2.ファイル共有の設定
イ)エクスプローラ画面で共有したいフォルダ(もう一個のPCで開きたいフォルダ)を右クリックして、共有とセキュリティをクリック
ロ)共有タブを選択、共有するにチェックを入れます(もう一個のPCで開いたときに上書き可にしたければ変更を許可するにもチェック)
ハ)アイコンに手のマークが付けばok
3.プリンタ共有の設定
A.プリンタにつながっているほうのPC
 イ)スタート−コントロールパネル−プリンタとその他のハードウェア−プリンタとFAXを開く
 ロ)共有させたいプリンタのアイコンを右クリック、プロパティを選択
 ハ)共有タブから共有するにチェックをつける
B.プリンタにつながっているほうのPCにワイヤレス出力するほうのPC
 イ)スタート−コントロールパネル−プリンタとその他のハードウェア−プリンタとFAXを開く
 ロ)プリンタのインストールをクリック、プリンタの追加ウィザードに従いネットワークプリンタをインストール
4.使い方
イ)共有設定が完了し、無線LANがONの状態でスタート−マイネットワークを開く
ロ)もう一個のPCで共有設定したフォルダがみえます
ハ)プリンタは追加したネットワークプリンタを選択すれば出力できます
おためしあれ。
DSC09088.jpg
*ノートPCの左にあるプリンタのコードがどうしても右のデスクトップPCに届かないため、プリントのたびいちいちデータ移動してました。LANのおかげで直接出力できるようになって便利。

Article
0 comment

itunes と SonicStageで音楽共有

Macbook Proでの音楽ファイル管理についてです。共有パーティションに保存したデータをMac OS X上ではitunesを使い、bootcampのWindows XP上ではSonicStage CPを使い管理するという横着をしてみました。こんなことしてる人他にいないと思いますが、参考までにメモしておきます。
僕はもともとWalkmanしか持っていなかったのでずっとSonicStage CPで音楽を管理してました。MacびとになったからにはいずれiPod touchを買いたいのだけど、お金がないです。。仕方が無いのでitunesでライブラリを構築しつつ、Wlakmanへの転送のためWin側のSonicStage CPでも読み込める状態にしておくことに。
<やりたいこと>
(1)音楽ファイルはすべてlameエンコードのmp3で管理したい
(2)ライブCDなどはギャップレスで取り込みたい
(3)共有のFATパーティションにデータを保存して双方から読み込みたい
(共有環境については過去ログ参照)
一番簡単なのはitunesのmp3エンコーダでぽんぽん取り込んだファイルをSonicStage側からも読み込む方法ですが(1)のために却下。(2)も踏まえるとベストなのはitunes lameを使って取り込む方法です。(やり方はitunes for Mac まとめ参照)ギャップレスかつlameエンコードできるのはおそらくこの方法しかないので、ライブCDは全てこの方式で取り込んで、Win側から読み込んでます。
じゃあ全部それで取り込めばいいって話なんですが、問題はこのitunes lameのエンコード速度がとてつもなく遅いことです。はんぱないです。しょうがないので、厳密なギャップレスを求めないCDは別のエンコーダを使うことにします。Macだとなかなかいいのが見つからなかったので、結局Winで定評あるExact Audio Copy(with lame)を使い取り込むことにしました。
以下その手順です。
<XPにて>
・CDをいれる
・EACを起動
・CD情報取得(フォルダ名、ファイル名のため)
(freedbにない場合はRealPlayerを起動し、CDplayer.iniから取得)
・「アクション」から「無音部のギャップをテスト」を選択
・mp3 192bps cbrでエンコード
・SonicStageCPを起動、ライブラリに追加
・CDDBサーバからCD情報を取得し書き込む←大事
・ジャケット画像をつける
<OS Xにて>
・itunesを起動
・ライブラリに追加
・曲一覧の画面で右クリックして「IDタグを変換」からIDタグバージョンをv2.3へ変換
(これをしないとFront Rowの時に文字化けする。もともとv2.3でも必ず上書きで行う)
・SonicStage側でのコンピレーション設定は伝わらずバラバラになってしまうので、itunes側でもう一度コンピレーションに統合する
※アーティスト名がない人はSonicStageでCD情報を取得しなかった人です
以上
Win側だと見える情報がitunes側に反映されなかったり、mp3タグなどのトラブルを踏まえた上でこのやり方に落ち着きました。まぁはやくtouchが欲しいです。Walkmanも嫌いじゃないんだけどね。